高橋 成典

テラモーターズ株式会社

EV事業本部 最高技術責任者(CTO)

2014年入社

芝浦工業大学工学部卒。大学在学中には空に夢中になり、人力飛行機の電装系の設計を担当。 琵琶湖で行われた鳥人間コンテストにて準優勝、ゼロからつくりあげるものづくりの面白さと醍醐味を学ぶ。大学卒業後、本田技研工業株式会社入社。大卒では珍しい生産の最前線に配属され、日本のものづくりを体で学ぶ。その後、テラモーターズに入社し、電動三輪用電池と充電器の現地調査から開発を担当。2015年 インド事業立ち上げのため渡印、自社電動三輪および工場立ち上げを担当。また、インド事業技術責任者として開発/品質保証/生産/アフター等のマネージを担当。開発を主導したモデルがヒットし、インド事業売上10倍を達成。2018年よりEV事業のCTO(最高技術責任者)。

Why you joined Terra?

内燃機関の車からEVに移り変わろうとしている今、自分もこの時代の変革の一員になりたいと考えています。EV×開発がやりたく、また自分の夢でもある『世界で愛され続けるEVを世の中に送り出す』という夢の実現のために、前職の本田技研に入社。しかし、フタをあけてみるとエンジン×生産に配属。笑 数年続けてみたもののEVがやりたいという想いは変わらず、チャンスを探していた時にテラモーターズに出会い、『次のソニーやホンダをつくる!』というビジョンに惹かれ、入社しました。

Your working Philosophy

テラの魅力は仕事の裁量権の大きさと仕事のダイナミックさです。 成果をだしていくと、どんどん仕事を任せられるのがテラのカルチャーです。 こんなに全部決めて、実行してしまっていいの?というくらい任せてもらえます。笑 例えば、工場の立ち上げでは、工場の場所選定から、契約の交渉、生産ラインの工程設計から 立ち上げまですべて任せてもらい、ローカルのスタッフと共に協力し、無事に立ち上げることができました。また、インドにおける新車体開発においても、インド国内だけではQCDを満たすことが難しいと判断し、中国へ飛び、一緒にやってくれるパートナー探しを決行。十数社の中から、我々と共にやってくれるパートナーを探し、その後図面を描いてパートナー企業に提出し、仕様が固まるまでパートナー企業に滞在し試作品の作成をおこない、量産仕様の決定。というものづくりの上流から下流まですべてに携われるのも魅力だと思います。当然、求められる能力と意思決定に対する責任は大きく、結果をだす事が求められるため、プレッシャーも非常に大きいですが、様々な人たちの協力を得ながら、自分の目で見て意思決定し、それを実行できるという仕事のダイナミックさはこの会社の魅力かと思います。

What are your future visions?

以前日本も、外国製の大型で大馬力のほんの一部の裕福な人しか手に入れられない内燃機関車が主流だったときに、日本の生活レベルにあった小型で低燃費、手頃な車体を世の中に広め、それが日本だけではなく世界中に広まっていき、今の日本の自動車産業の地位を築いてきました。私は、EVにおいてもこの時代と同じことが言えるのではないかと考えております。 現在、EVは内燃機関の車よりも高額で、走行距離の課題もあり、まだまだ大衆の手に渡る車とは言えない状態かと思います。特に新興国ではまだまだ車を買えない層の方もたくさんおり、低価格のEVをそれらの人々に提供することで、EVを大衆車にすることが可能ではないかと考えております。さらにガソリンの価格は世界各国で大きく変わりがなく、新興国の人々には支出の中で大きな負担となっています。そんな人々の生活を少しでも豊かにするために未来の大衆車のEVを開発。私の学生時代からの夢である『カブやビートルのような世界で愛され続けるEVを世の中に送り出す』ということを実現していきたいと思います。そして多くの方にEVを使っていただける環境をつくることによって、結果的に大気問題等の環境問題の解決につなげていきたいと考えております。

One Day Work Schedule

6:30:起床
7:30:出勤
8:00:メール確認 Todoの確認
9:00:朝礼およびインド開発チームと開発プロジェクト進捗議論
9:30:インド開発チームメンバーと新車体の課題および方向性議論
12:00:昼食
12:30:インド生産チームと市場フィールドバック議論
13:30:ベトナムチームと新車体評価の議論およびアクション議論
14:30:サプライヤーとの打ち合わせ
15:30:急速充電器の検討に関して、協力会社と打ち合わせ
17:00:中国のパートナーと出張前打ち合わせ
18:00:退社。中国出張の為空港へ移動
20:00:夕食
21:00:空港のカフェにて設計仕様書の作成
23:30:上海へのフライト。機内にて就寝

Top